ごあいさつ

愛した気持ちを忘れないでほしいのです。そして感謝の気持ちも。

虹の橋

天国のほんのわずか手まえに、「虹の橋」と呼ばれる場所がある。
この地にいるだれかと親密だった動物は、死ぬと「虹の橋」へ行く。
そこには草地や丘がひろがっていて、
わたしたちとのとくべつな友だちはみんないっしょに走ったり、遊んだりできるのだ。
食べ物も水も、日の光もたっぷりあって、動物たちはあたたかく、ここちよい暮らしをおくっている。
病気をわずらっていたり年老いていた動物たちはみんな、健康と元気をとりもどす。
傷ついたり障害を負っていた動物たちは、もとどおりのからだになる。   
過ぎ去った夢のように。

動物たちは幸せで満ちたりているが、ひとつだけ心のこりがある。
それぞれにとってとくべつなだれかをおいてきてしまった。
そのだれかがいないのをさびしく感じているのだ。
動物たちはみんないっしょに走ったり遊んだりしている。
だが、ある日、そのうちの一匹がふいに足を止め、はるかかなたを見る。
彼の瞳はきらきらとかがやき、からだはよろこびにうちふるえる。
突然、彼はみんなから離れて、緑の草の上を飛ぶように走りはじめる。
はやく、もっとはやくと。 あなたが見つかったのだ。 とくべつな友だちとあなたはついに出会う。
再開のうれしさでひしと抱き合い、もうけっして離れることはない。
幸福なキスがあなたの顔に降りそそぎ、あなたの両手は愛する動物の頭をふたたび愛撫する。
そしてあなたは、信頼に満ちたペットの瞳をふたたびのぞきこむ。
あなたの人生から長いこと失われていたけれど、
あなたの心からは一日たりとも消え去ることのなかったその瞳を。
それから、あなたたちはいっしょに「虹の橋」をわたっていく。

ペットロスという言葉があるように、ペットを失った悲しみや自責の念のあまり体調をくずされたり、精神的に不安定になる方もおられます。愛するペット達との別れは、辛く悲しいことです。愛するものを亡くしたその喪失感におしつぶされそうになります。その悲しみを素直に受け入れ、そして立ち直る事を心掛けましょう。家族同様に過ごしてきたペット達が、私達の人生をどれほどこころ豊かにしてくれたことか。どれほど寂しさや苦しみを救ってくれたことか。そのペットを亡くされた悲しみ・寂しさを、この詩が癒してくれます。この詩は、インターネットを通じて世界各地に流布しており、日本語訳のこの詩は、心慰む詩です。

合掌  妙力寺住職

妙力寺動物霊園 ペット安らぎの郷 フリーダイヤル0120-84-9494 受付時間9:00〜18:00/土・日・祝日も対応